12月 27

よく芸能事務所のオーディションなどが新聞などで募集している事があるのですが、もちろん全ての人が受かる訳ではありません。俳優のオーディションは、いわば就職の面接ともいえるものですので、実力が足りないと見なされた場合は当然落ちてしまいます。面接の予行演習や試験勉強が必要なように、俳優という職業もある程度の勉強をしておかなければ、オーディションの合格は難しいものと考えるべきだと思います。

俳優のオーディションは、顔さえ良ければ受かるものと考えている人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。芸能界というところは、日本中からいろいろな人材が集まりますので、ただ顔が良いくらいでは無個性の分類に入ります。やはり重要視されるのは、演技力や運動能力といった、多種多様な仕事をこなす事が出来るような能力が重視されるものです。見た目に自信が無いという人も努力次第でチャンスが広がりますのが、俳優というものなのです。

オーディション合格を確実なものにするためには、やはり演技や基礎体力を身につけたほうが良いかと思います。こちらでは、俳優を目指す人が多く集まっているので、共に夢を目指すという人生も良いのではと思います。http://www.upsnews.co.jp
オーディション・俳優、役者の養成学校なら㈱UPS